(冨田昌夫先生による少人数徹底指導!)日常生活動作再獲得のための運動学習アプローチ~残存機能を潜在化させない運動療法の工夫~

Description

セミナーテーマ
日常生活動作再獲得のための運動学習アプローチ~残存機能を潜在化させない運動療法の工夫~

講師
冨田 昌夫 先生(藤田保健衛生大学)

会場
東大島文化センター第1、2会議室
都営地下鉄新宿線東大島駅大島口出口より徒歩5分

セミナー内容
 運動療法による治療の目的を「治す」ことではなく、運動(動作の)学習と位置付ける。動作の学習を考えるとき、基本動作と日常動作の学習の仕方は全く別であると考える。基本動作は系統発生(個体の発達)的なすべての人に共通した学習の仕方をするのに対し、日常動作は個体の意図に基づいた、意識的で個人差の多い学習の仕方をする。
 学習はまず初めに、安全安心に基本動作をできるようにして、それを使って日常動作や社会的動作を学習する階層構造になっている。社会的行動の拡大とともに大脳皮質を中心とした認知系と脳幹部や大脳基底核など情動報酬系の機能の連携が極めて重要になる。
 人の特徴は他の動物に比べ、情動報酬系の機能が非常に繊細に、複雑に発達し、自分の考えに基づいて、本能や自己保存の反応で引き起こされる情動的な行動をコントロールできることである。
 以上の仮説に基づいて人の日常動作が損傷されたとき、どのように再構築するか考えてみたい。症例に出ていただき、基本情報に基づいて参加者と一緒に検討し、そのうえでデモを進てみたいと考えている。

タイムスケジュール
1日目
午前:講義
午後:講義、実技
2日目
午前:症例の基本情報に基づいた治療内容のデスカッション、デモ
午後:デモに用いた動作の解説と練習

Updates
  • 会場 は 東大島文化センター に変更されました。 Orig#423681 2019-04-05 04:13:48
More updates
Jun 22 - Jun 23, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
セミナー参加 ¥24,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jun 21, 2019.

Venue Address
江東区大島8丁目33−9 Japan
Organizer
Total-Approach研究会
312 Followers